中期経営計画 中期経営計画

当社は、2019年度~2021年度における中期経営計画を策定し、目標達成に向けて、諸施策に取り組んでおります。

中期経営計画(2019年度〜2021年度)の策定について

中期経営計画(2019年度〜2021年度)の
基本的な考え方

基本方針

経営資源の最大限の活用と効率化
及び選択と集中による再配分

  • ■事業戦略・・・
    航空関連需要に対応する新規投資を空港内外で実施
  • ■財務戦略・・・
    年間キャッシュフローを上回る積極的な投資を実施
  • ■経営基盤強化・・・
    組織の活性化と人材戦略の構築
事業戦略
及び
財務戦略
事業戦略
  1. 航空関連需要に対応する空港内新規投資
    及び空港外事業の積極的な展開
  2. 伸び行くアジアの需要に対応する
    新規投資
  3. 既存施設の品質向上による入居率向上
  4. 新技術を取り込んだ施設の
    イノベーション
  5. 将来の羽田空港に係る
    国の方針を踏まえた適切な対応
財務戦略
  1. 3年間合計300億円の投資
  2. 原則配当性向30%以上の安定配当を維持
  3. 資産保有形態の多様化
  4. 投資効率の向上
  5. 資金調達方法の多様化
経営基盤
強化

中期経営計画の達成に向けた
着実な経営基盤の強化

  • 1

    組織体制の
    再編・活性化、
    M&Aの活用

  • 2

    人材戦略の構築、
    働き方改革への
    対応

  • 3

    ガバナンスの
    強化

  • 4

    コスト低減・
    構造改革、
    IT推進

数値目標

数値目標

株主還元

当社では、株主への利益還元を企業経営における最重要事項の一つと考え、持続的成長のため、将来の成長への投資や財務基盤の安定等を勘案しつつ、原則配当性30%以上の安定的かつ継続的な株主還元を目指していきます。
Top