環境への取り組み 環境への取り組み

environment
環境
エコエアポート実現に向けた取り組み(地域冷暖房事業等)
省エネルギー・二酸化炭素削減等、地球温暖化への対応
再生可能エネルギーの活用(太陽光発電事業)
SDプラントによる排水基準に則した航空機の汚水処理

クリーンエネルギー

goals7

羽田空港にメガワット級の太陽光発電施設を設置

当社の国内貨物ターミナル施設にメガワット級の能力を持つ太陽光パネルを設置。
年間※約270世帯相当分の発電を行い、自社施設の消費電力の一部を賄うことでクリーンなエネルギーの導入を図ります。
また本件は地球温暖化をはじめとする環境問題の解決に貢献するグリーンプロジェクトとして進めており、投資にかかる費用の一部をグリーンボンドにて調達しております。

当社が所有している太陽光発電施設は合計で、年間約3,100tのCO2排出量相当分電力を発電しております。今後も再生可能エネルギーへの投資を通じてCO2排出量削減に貢献して参ります。

羽田空港貨物上屋太陽光パネル
羽田空港貨物上屋太陽光パネル
グリーンボンド関係図
グリーンボンド関係図

参考:当社太陽光発電施設

竣工年月
2013年10月
施設名称
本三里塚ソーラー発電所
設置場所
千葉県成田市
年間発電量※1
約800千kWh(230世帯分)
年間CO2削減量※2
約390t
竣工年月
2014年3月
施設名称
鹿児島空港
第一・第二格納庫及び倉庫(屋上)
設置場所
鹿児島空港
年間発電量※1
約300千kWh(90世帯分)
年間CO2削減量※2
約150t
竣工年月
2016年1月
施設名称
岐阜瑞浪ソーラー発電所
設置場所
岐阜県瑞浪市
年間発電量※1
約1,600千kWh(430世帯分)
年間CO2削減量※2
約780t
竣工年月
2018年1月
施設名称
TRC物流ビルB棟屋根
ソーラー発電所
設置場所
東京都大田区
年間発電量※1
約2,500千kWh(620世帯分)
年間CO2削減量※2
約1,220t
竣工年月
2020年12月
施設名称
羽田空港
国内貨物ターミナル(屋上)
設置場所
羽田空港
年間発電量※1
約1,200千kWh(270世帯分)
年間CO2削減量※2
約590t
竣工年月 施設名称 設置場所 年間発電量※1 年間CO2削減量※2
2013年10月 本三里塚ソーラー発電所 千葉県成田市 約800千kWh
(230世帯分)
約390t
2014年3月 鹿児島空港
第一・第二格納庫及び倉庫(屋上)
鹿児島空港 約300千kWh
(90世帯分)
約150t
2016年1月 岐阜瑞浪ソーラー発電所 岐阜県瑞浪市 約1,600千kWh
(430世帯分)
約780t
2018年1月 TRC物流ビルB棟屋根
ソーラー発電所
東京都大田区 約2,500千kWh
(620世帯分)
約1,220t
2020年12月 羽田空港
国内貨物ターミナル(屋上)
羽田空港 約1,200千kWh
(270世帯分)
約590t

※1:世帯当たり年間電気消費量4,397kwh換算
(環境省:家庭部門のCO2排出実態統計調査(家庭CO2統計)のご紹介)参照
※2:CO2削減量=0.489〔CO2/kWh〕換算(東京都環境確保条例による定期報告書に基づく換算係数)

SDプラント

goals6

SDプラントについて

排水基準に適合するよう微生物等を利用しながら汚水を処理するSDプラントは、当社が長年培ったノウハウを凝縮した施設であり、現在、全国8ヶ所の空港で活躍しています。今後の航空需要の増大に備え、処理能力を増強した新たな航空機汚水処理施設(SDプラント)を2020年3月に竣工しました。

SDプラント
SDプラント
航空機汚染水処理の流れ
航空機汚染水処理の流れ

CO2削減

goals7

東京都へCO2削減分を寄付

環境への取り組みについて、当社グループでは、再生可能エネルギーへの取り組みのほか、環境対策への設備投資や運用方法の工夫、日頃の業務における社員の環境意識向上に向けた啓発活動等を行うことで、積極的にCO2排出量削減へ取り組んでおります。こうした成果により、当社及びグループ会社である東京空港冷暖房株式会社は、東京都キャップ&トレード制度(※1)に基づく削減義務量を超える削減を行うことができ、2020年3月には超過削減量(※2)を東京都に寄付しました。

空港施設グループ CO2削減量合計

第一計画期間(2010~2014年度)
削減量
御礼状
2020年4月、東京都より寄付に対する御礼状を頂戴いたしました。当社は今後もCO2排出量の削減に積極的に取り組み、気候変動問題の解決に貢献してまいります。
※1 東京都キャップ&トレード制度:都内の大規模事業者を対象にCO2の排出総量削減を義務付け、義務量以上にCO2の削減を達成した超過削減量をクレジット化し、事業所間の取引を認める制度
※2 第一計画期間中の超過削減量については、東京都による東日本大震災に伴う排出係数の見直しを受けたため、削減義務量と超過削減量の合計が削減実績量を上回っております。(「総量削減義務と排出量取引制度における排出量取引運用ガイドライン」を参照)
※1 東京都キャップ&トレード制度:都内の大規模事業者を対象にCO2の排出総量削減を義務付け、義務量以上にCO2の削減を達成した超過削減量をクレジット化し、事業所間の取引を認める制度
※2 第一計画期間中の超過削減量については、東京都による東日本大震災に伴う排出係数の見直しを受けたため、削減義務量と超過削減量の合計が削減実績量を上回っております。(「総量削減義務と排出量取引制度における排出量取引運用ガイドライン」を参照)

LED照明の積極採用による省エネ機器への更新

最新投資案件

広島ヘリポート小型機用格納庫
広島ヘリポート小型機用格納庫
広島ヘリポート小型機用格納庫での取り組み
広島ヘリポートの小型機用格納庫では、水銀灯や蛍光灯等に比べて5割を超える省エネ効果を目指し、建物内全ての電灯をLED照明としました。2015年3月の竣工から現在まで、順調に稼働しています。
概要
構造・階数:鉄骨造地上2階建
用途:回転翼航空機格納庫、事務所
りんくう国際物流センター
りんくう国際物流センター
倉庫内の照明をLEDに変更
2001年9月に取得したりんくう国際物流センターでは、倉庫内のマルチハロゲン灯をLED照明に更新することで電気使用量を削減しました。また照度を高めて現場の視認性を上げることで、テナントの作業効率向上につながりました。
概要
階数:物流棟 4階建、事務所棟 6階建
用途:事務所・荷捌場

熱供給事業

羽田空港で地域冷暖房を通じて空を支えています

羽田空港は、旅行やビジネスでの移動はもちろん、空港エリア内に勤務される方々を含め、毎日多くの人々が利用しています。当社グループである東京空港冷暖房株式会社は、電力や通信、上下水道と同様に、空港機能の一端を担うインフラである「熱」を供給し、羽田空港の円滑・快適な運営をサポートしています。具体的には、第1・第2旅客ターミナルビルや当社多目的ビルへは冷暖房用の熱を供給し、格納庫や整備工場、機内食工場等の空港関連施設へは冷暖房用の熱のほか、特殊用途に使用する熱も供給しています。

熱供給の中心拠点
熱供給の中心拠点:エネルギーセンター(東京空港冷暖房)
省エネ対応の高効率冷凍機
省エネ対応の高効率冷凍機:高効率の冷凍機を積極的に導入し、環境対応のさらなる深化を図っています。
冷却水リサイクル装置
冷却水リサイクル装置:高機能ろ過装置導入により冷却塔の不純物排出に必要な冷却水をリサイクルすることで、環境対応能力の強化を進めています。
Top