トップメッセージ トップメッセージ

甲斐 正彰

事業環境の変化に柔軟かつ大胆に対応し、航空の発展に寄与します

代表取締役社長
甲斐 正彰

私たち空港施設グループは、1970年の創業以来、「航空の発展に貢献する」という使命のもと、空港に精通したスペシャリストとして羽田から海外まで事業展開してまいりました。

現在は、羽田空港をはじめ全国主要空港において、乗員訓練施設、格納庫、整備工場、機内食工場、多目的ビルなどの施設を展開すると共に、空港での地域冷暖房、給排水、共用通信などインフラの提供などを通じて空港機能を支えております。

このほか空港近郊のホテルや空港勤務者向け住宅、国際学生寮等の賃貸、海外ではシンガポールやカナダで事業を展開するなど、活躍するフィールドを広げております。

当社グループでは2019年に2021年度までの中期経営計画を策定しました。創業の地である羽田空港での事業などをはじめとして、成長が確実な事業にも当社の強みを生かしてしっかりと取り組み、空港施設の両輪として機能させ、目標達成に向けて取り組んでおります。

おかげさまで当社は2020年に創立50周年を迎えました。近年、当社グループを取り巻く事業環境は目まぐるしく変わり、加えてコロナ禍により今後先行き不透明な状況です。私共はこの変化や危機をむしろ好機と捉え、ステークホルダーとの良好な関係を築きつつ、新たに生まれる様々なニーズに対応し社会的責任を果たす所存です。

引き続きグループ一丸となって次の50年の歩みを進めるべく全力で企業価値の向上に取り組んでまいりますので、皆様には変わらぬご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

2020年11月
代表取締役社長
甲斐 正彰

Top