News&Topics|ニュース&トピックス

その他当社シンガポール現地法人におけるエアバスグループ・シンガポール社との基本協定書の締結について

2016年2月17日

シンガポール現地法人AIRPORT FACILITIES ASIA PTE. LTD.(AFA)は、平成28年2月17日にAirbus Group Singapore Pte. Ltd.(エアバスグループ・シンガポール社)(AGS社)と新たなパイロット訓練施設に関する基本協定書を締結致しましたのでお知らせ致します。
なお、基本協定の内容及び施設概要については以下のとおりです。

本施設は、シンガポール・セレター空港内に位置し、エアバス社の航空機(既存機及び新型機)のためのフル・フライト・シミュレーターを10基収容可能な最高水準の技術を備えたパイロット訓練施設であります。
AFA は、本施設の建設・開発に必要な資金を供給し、今後、AGS社へ賃貸を行うこととしており、賃貸開始後は、AIRBUS ASIA TRAINING CENTER PTE.LTD.(エアバスアジアトレーニングセンター社)が本施設を使用する予定となっております。
なお、本施設の賃貸開始時期は、平成28年4月1日を予定しております。

(シンガポール・セレター空港位置図)

(完成予想図)

【 エアバスアジアトレーニングセンター社 概要 】

エアバスアジアトレーニングセンター社は、エアバス社(エアバス・サービシズ・アジア・パシフィックPTE.LTD.)55%と、シンガポール航空45%の合弁会社であり、エアバス社が、今後アジアが世界で最も航空需要が伸びる地域であると予測される中、同地域のパイロット養成を目的として設立された会社であります。

以上

【 本件に関するお問い合わせ先 】

空港施設株式会社 広報室
電話(03)3747-0251(8:30~17:00)※土日祝日除く

本プレスリリースの印刷用資料は、下記をダウンロードしてご覧ください。
リリース全文(PDF:226KB)

このページの先頭へ