News&Topics|ニュース&トピックス

施設神戸空港格納庫が竣工いたしました

2011年12月08日

11月30日、当社は、神戸空港において、神戸空港格納庫を竣工いたしました。
本施設は、ユーロコプター社製ヘリコプターの整備・技術サポートを担当されるユーロコプタージャパンT&E様が、ヘリコプターの整備、修理やパイロット、整備士の訓練等を行うための施設です。

また、建物の特徴として、天井からの自然採光取り入れ、屋上への太陽光パネル設置、LED照明の採用、緑化に注力した外構等、地球環境問題に配慮した格納庫となっており、今後の当社の格納庫のひとつのモデルともなる新しい格納庫です。
当社は、この神戸空港をはじめとして、空港、航空関係のより良い機能施設の提供を通じて、航空機の安全運航を支え、航空界の皆様のご期待に応えられるよう、努力を重ねて参ります。

入居者 ユーロコプタージャパンT&E(株)
(AIRBUS グループ)
投資額 2,300百万円
竣 工 2011年11月30日
面 積 土地:(全体)14,380m²(取得)6,850m²
延床:8,165m²
用 途 ヘリコプターの整備及び修理
パイロット及び整備士の訓練・その他
特 徴 自然採光、屋上太陽光パネル設置
LED照明、外構の緑化 等
備 考 伊丹空港から神戸空港へ基地機能とともに移転
アジア地区のヘリの整備・安全の戦略基地として拡充

以上

このページの先頭へ