施設紹介|西側格納庫

  • 西側格納庫01
  • 西側格納庫02

格納庫は、航空機を風雨や砂塵などから守り、内部で整備や補給を行う施設です。当社は、航空各社のニーズに合わせて小型機、ヘリコプター用の共用格納庫から大型旅客機を収納する大型格納庫まで手掛け、航空機の安全な運航をサポートしています。

東京国際空港の「西側格納庫」は、延床面積は24,900m²でボーイング747-400を3機同時に収納できる、国内最大級の格納庫です。

このページの先頭へ