事業紹介|事業概要

空港に必要な施設と機能を創造し、提供する

当社グループは、格納庫、整備工場、航空貨物ターミナル施設、航空機洗機施設、汚水処理施設、事務所ビル等の賃貸や冷暖房などの熱供給、上下水道施設の運営管理、共用通信などの事業を空港内で行っております。現在では、東京国際空港を拠点に、北は新千歳空港から南は那覇空港に至る国内主要空港において、事業を展開しています。

地域別売上高構成比 16年3月期

事業特性と空港内施設の特殊性

空港における事業展開は、顧客である航空会社等のニーズを集約することはもちろん、国の空港計画の進展と歩調をあわせたうえで行うことが当社グループの事業特性のひとつとなっています。

空港内での事業の難しさは、施設の一つひとつが特殊であるだけでなく、「空港」という限られた土地の有効利用や技術的に考慮すべき点が多いことにあります。

事業展開

事業展開図
施設・機能詳細
総合ビル オフィス機能、整備工場機能、乗員訓練施設などを複合させたビル
格納庫 航空機を整備、格納する施設
整備工場 エンジンなど部品の整備を行う施設
SDプラント 航空機からの汚水を処理する施設
SD:Sanitary Disposalの略
航空貨物ターミナル施設 航空貨物に関する上屋やオフィス機能などの施設
共用通信 空港内での通信(主に内線電話)機能

このページの先頭へ