事業紹介|最近の事業活動

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)

本事業は、大田区が日本のものづくり技術や各地域の魅力を国内外に発信する「新産業創造・発信拠点」の形成を目指して公募した官民連携事業です。

当社を含め9社が出資する「羽田みらい開発株式会社 (注) 」が区有地を約50年間借り受け、研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーション等を中心とした、延床面積13万m2を超える多彩な用途からなる複合施設を整備・運営する、平面的にも広がりを持った大規模複合開発です。

(注)鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムの9社が設立した本事業のみを遂行する事業会社

CONCEPT MOVIE

場所 東京都大田区羽田空港
開発期間 2017年~2022年
主要用途 オフィス、医療、滞在施設、イベントホール、商業など
開発面積 約5.9ha
延床面積 約131,000m2
イメージ画像
環状八号線より(イメージ)
イメージ画像
にぎわいの歩行者デッキ2階(イメージ)
位置図

位置図1

位置図2

このページの先頭へ